トランプ大統領、小池知事、安倍首相の年賀状。あれからもうすぐ4年

年賀状2017ちょっと休憩

毎年、大学時代の友人からユニークな年賀状が届きます。「世相をブッタ斬る‼」と言って、その年のトピックスをイラストにして送ってきます。「メンドクサッ」と思いながらも内心は楽しみしています。2017年の元旦に届いた年賀状を紹介します。(もちろん本人の了解済)

2017年元旦、友人から届いた懐かしい一通の年賀状

年賀状2017

(ストーリー)
安倍首相が、トランプ大統領の就任祝いに送った高級ゴルフクラブ。これを愛息子バロン君がネットオークションに出してしまい、結果、プーチン大統領が5000万円で落札してしまう。というあり得ないオバカな話です。ゴルフクラブには、日米安保の維持やTPP締結の悲願が込められていたようですが、どちらも不穏な空気に包まれてしまいましたね。でも、本当にネットオークションに出品されたら、いくらの値がつくのでしょうか?

一方、小池東京都知事は、日本政府をしり目に、彼女らしい単独行動に出ます。当時話題のピコ太郎をお供にしてトランプ大統領を電撃訪問。ピコ太郎のヒョウ柄マフラーをお土産にして、東京オリンピックに直接招待するという馬鹿馬鹿しい内容でした。当時のオリンピックに対する期待感が何だか懐かしく思えてしまいます。また、リオオリンピックの閉会式で見せた、安倍首相のスーパーマリオ。土管から出てきた訳は、日本から掘った穴が地球の裏側のリオデジャネイロまで届いたからだそうです。凄い発想ですね~。

来年の年賀状はどんなトピックスで届くのやら

『ペンパイナッポーアッポーペン』は遠い昔の流行歌となりましたが、ピコ太郎に扮した古坂大魔王は、そのステータスをどんどん高め、今では評論家のお仕事もこなしていますよね。また、小池知事は、たぶん大勝して、東京オリンピックでの大役を果たされるのではないでしょうか?

一方、目が離せないのがアノお二人。トランプ大統領とバイデン候補です。74歳と77歳のお爺ちゃん同士の戦いですから、いつドクターストップがかかっても不思議ではないと思うのですが・・・?政策論議よりも、新型コロナに罹った方が負けだと思います。お二人とも、新型コロナに負けず、正々堂々と戦ってください。まあ、どのような結果になろうが、友人から届く「来年の年賀状」を楽しみにしています。

コメント