「自分の痛み」すら分からない者が「人の痛み」を理解できるはずがない

NSAIDs精神神経科

前回から「痛み」について投稿していますが、先日、激しい腹痛に襲われました。腹痛はお腹にあるあらゆる臓器や器官に起因して起こりますが、心臓病の痛みが腹部に出ることもあり注意が必要です。子供から年寄り、男も女も、実に多くの人がいろんな腹痛を経験しているはずですが、痛みの程度や場所、随伴する症状から、原因となる臓器や器官を特定することは極めて難しいと思います。

腹痛を伴う病気には、急性胃腸炎、十二指腸・胃潰瘍、急性肝炎、胆石症、胆嚢炎、胆道感染、急性・慢性膵炎、膵がん、感染性腸炎、虫垂炎、腸閉塞、腹部大動脈瘤、腎臓結石、遊走腎、水腎症、虫垂炎、潰瘍性大腸炎、尿管結石、急性膀胱炎、子宮筋腫、月経困難症、前立腺炎などがあると言われていますが、痛みの場所や大きさだけで、病気を推定することも極めて難しいと思います。

私の場合、最初は「みぞおち」当たりが痛み出し、とりあえずH2ブロッカーを服用して様子を見ましたが、一向に痛みは治まりませんでした。二日後、胃カメラは正常でしたが、エコーで胆嚢が大きく腫れていることが分かり、3週間後に胆嚢を摘出しました。まさか、胆嚢からの危険信号だったとは思いもよりませんでした。「自分の痛み」すらわからない者が「人の痛み」など理解できるはずがない!とがっかりしました。

今回覚える表はこれ!

鎮痛剤①数ある鎮痛薬の中から、前回投稿した図に示したものだけを選んでいます。選択に理由はありません。他のクスリにつきましては、別の機会に投稿したいと思います。

トラマール、セレコックス等の楽しい覚え方

弱オピオイド

トラマール(トラマドール):生きたトラにペンキで丸を付けるなんて、自殺行為ですよね。ドール(人形)に丸を付けるのも考えモノですね。

ノルスパンテープ(ブプレノルフィン):幅5㎝程度のテープを張って、その上を歩いたり飛んだりする曲芸を「スラックライン」というのですが、酔ったオジサンには絶対無理!やめて~

NSAIDs

セレコックス(セレコキシブ):コックのせがれにこき使われて働く「かわいそうなお父さん」何か実際にありそうなお話しですね。クワバラクワバラ。

モービック(メロキシカム):リッチ(ビッグ)になった牛君が、いい気になって浮気ですか。その報いは、絵のように悲惨なことに。こちらの方言で、女性のことを「メロ」と呼びます。メロは怖いなぁ~

くすりのレビュー、国家試験の勉強に役立つYouTube動画

yakulab info 下田武先生

トラマール:16分50秒

トラムセット:7分46秒

NSAIDsとアセトアミノフェンの比較:14分16秒

セレコックス:9分24秒

コメント