教場見た~!警察官が背負う「市民の命」よりも、政治家が背負う「国民の命」がもっと重いはず。政治家にも教場が必要だと思いませんか?

2021年年賀状ちょっと休憩

毎年、友人から変な年賀状が届きます。「その年の世相をブッタ斬る‼」とのことですが、迷惑ながらも内心楽しみしています。2021年の年賀状が届きましたので、早速紹介します。
また、教場Ⅱを見た彼のメールで、「政治家を志す人の教場」を断固設けるべきとの訴えがありました。同感です。あらゆる人が政治に参加できる社会は大歓迎ですが、いくら何でも「給付金を配るから…」とか「税金を安くするから…」を公約に掲げ、当選してしまう市長や議員は問題だと思うのです。
教場Ⅱのクライマックスでは、小さな女性が「ここを卒業(警察官になったら)したら、私は市民の命を背負うことになります。」と何度も叫ぶシーンがありましたよね。それを聞いていて思ったことは、警察官が背負う「市民の命」よりも、政治家が背負う「国民の命」の方がはるかに重いはずということです。ドラマで結構ですから、政治家のための教場シーン(ワイロやホラを糾弾するシーン)を見せてくまれませんかね。

2021年元旦、友人から届いた一通の年賀状

2021年年賀状

もしこんな言葉を聴かされたら、ホレてまうやろ!

「おじいちゃん同士の子供の喧嘩」にもようやく終止符が打たれ、バイデン大統領が世界をリードしてくれることを心から願っています。期待したいのは、何といっても新型コロナの封じ込めですよね?
もし、リーダーからこんな言葉が発せられたら、超~うれしいのですが…。

バイデン大統領のお言葉(空想です)
「アメリカは世界の警察になろうとは思いません。しかし、世界のオピニオン・リーダーには絶対になります。民主主義を貫きたい国のリーダーは私のもとに集まってください。同調の手拍子(教場のパクリ)で世界は変わります。私に大きなパワーください。
私たちは、中国で発生したウイルスを責めている訳ではありません。ウイルスに関わるデーターを隠蔽したことを責めているのです。科学的データーは人類が共有すべき財産であるはずなのに、中国共産党はそれを政治的な都合で隠したのです。世界中のイライラを解消するためにも、中国共産党に謝罪を求めていきます。」
(いよっ大統領、いいぞっ!拍手)

菅総理のお言葉(空想です)
「コロナの流行のしくみは、大都市と地方都市では異なります人口密度の高い大都市では、「たいまつの火柱」が絶え間なく燃え盛ってしまいます。そして、その「火の粉」が地方都市に飛んで行くイメージなのです。
当然、燃え盛る「たいまつの火柱」を消す消火作業と、小さな「火の粉」を消す消火作業は大きく異なります。
こうした状況を踏まえ、私の権限で、メリハリのあるコロナ対策を断行します!

大都市以外の地方都市では新型コロナを指定感染症から外した上で、2類相当から5類相当(インフルエンザ等)の扱いとし、社会的なアラートレベルを下げます。感染症法は、元来、経済対策を加味してない法律なので期限付きの特措法で行きます。インフルエンザのように統計的観測は行いますが、保健所等の監視下には置かれることはありません。この制度は、医療従事者へのワクチン接種後に実施しますので、医療関係者の方にはご迷惑をおかけしません!安心してください。
大都市からの「火の粉」は、当分の間飛び続きますが心配しないでください。マスク・手洗いの徹底を維持すれば大火事にはなりませんから。地方都市間の旅行や食べ歩きは大いに進めていだき、地域経済を皆さんの力でどうか支えてください。
また、お願いですが、地方都市で余った医療資源(人材や機器等)は大都市に投入させていただき、「たいまつの火柱」を一日も早く消し止めたいと思います。どうかご協力をお願いいたします。

一方、大都市ではコロナ版トリアージを実施します。抗原検査と抗体検査、CCL17の測定等を駆使して、予め「罹患しても重症化しない人」「罹患したら重症化する人」に分けたいと思います。マーキングは、マスクの紐に目印をつけるなどの工夫をします。「緑(無印のマスク)」の人が、「黄」「赤」の人に接する場合は、細心の注意をお願いします。逆に、「黄」「赤」の人は、ワクチンを打つまでは、飲食店や人の集まる場所へは行かないでください。ハードランディングで機体が多少揺れますが、もう少しの我慢です。どうか私に操縦を任せてください。」
(いよっ総理大臣、いいぞっ!拍手)

ん~、むなしい空想か? 無理~。

コメント