初夢!え~、大谷翔平が天皇家に婿入り?翔平君は天皇になれるのか?

2022年賀状ちょっと休憩

毎年、友人から変な年賀状が届きます。「その年の世相をブッタ斬る‼」とのことですが、迷惑ながらも内心楽しみしています。

2022年の年賀状が届きましたので、早速紹介します。

「東京オリンピック」や「衆議院選挙」というビッグイベントを押し退けて、2022年年賀状のテーマとなったのは、やはり「大谷翔平選手の活躍」「アノお二人の去就」でした。
まあ~、そうなるよな。

 

 

2022年元旦、友人から届いた一通の年賀状

2022年賀状

 

アノお二人が世間を騒がす中、「今後の皇室のあり方」を検討してきた政府の有識者会議が、昨年12月に最終答申を岸田首相に提出しました。議論の出発点は「安定的な皇位継承」だったはずでしたが、皇位継承の具体策は先送りされ、皇族数の確保策にとどまった答申内容でした。

 

まあ~、「現天皇陛下→秋篠宮さま→悠仁さまという皇位継承の流れを絶対に揺るがしてはならない!」というお達しが出ていたので、大胆案なんて出るはずもないですよね。

 

なにせ、あの徳川家康でさえ、幕府設置の際に、天皇家をどのように扱うか相当悩んだそうですから、よほど強い権力者でなければ根本的な解決策は見出せないと思われます。

 

ところで、万世一系ってどういうこと?

日本の天皇家は世界で最も長く続いている王朝であると言われており、その皇統(天皇の血筋)は、永遠に変わることなく続く(であろう)ことから、「万世一系」の家系と呼ばれています。

 

なぜ世界最長なのか?というと、神武天皇(実在したかは不明)の時代から「男系天皇」を継続してきたことが、古事記や日本書紀を筆頭に、多くの歴史書によって対外的に説明できるからです。

 

つまり、万世一系の正体は 神武天皇由来のY遺伝子を連綿と引き継いでいることへのコダワリであり、日本人の心の奥底にある「畏怖の念」なのです。

 

万世一系を染色体から考えるとわかりやすいかも?

ご承知のとおり、ヒトの遺伝情報を伝達する染色体の本数は23組、46本存在しますが、その23番目の「性染色体」が「XX」型ならば女性として生まれ、「XY」型ならば男性として生まれます。

 

つまり、「X染色体」は男性も女性も持っていますが、「Y染色体」は男性しか持っておらず、「Y染色体」は、男性である父親からしか受け継ぐことができないことになります。

 

遺伝的に言うと、歴代の天皇126代の内、女性天皇8人(10代)を除く116代全ての天皇は、初代神武天皇由来の「天皇印のY遺伝子」を引き継いだということになるのです。

 

サムネイル①

日本の歴史上、女性天皇が8人いました。その8人のうち4人は、夫が天皇または皇族で、その子どもが男性であったため「天皇印のY染色体」が受け継がれました。また他の4人は生涯独身を貫き、子どもが天皇の位につくことはありませんでした。

これにより、歴史上の女性天皇が万世一系の皇統継承に影響を与えることはありませんでした。

 

男性or女性天皇と、男系or女系天皇ってどこがどう違うの?

男性天皇か? 女性天皇か?は、文字通り性別が男性か女性かで、子供にだって分かるはずです。

ところが、男系天皇か? 女系天皇か? となると遺伝的概念が入ってきますので、見た目では分かりません。
①男系男子天皇、②男系女子天皇、③女系男子天皇、④女系女子天皇、という4つのパターンが登場して、たいへん分かりにくくなります。そこで、サザエさん一家の例を用いて説明しますと・・・。

 

サザエさん家系図

磯野波平さんが天皇で、磯野フネさんが皇后と仮定します。波平天皇には3人の子供がいて、サザエさん・カツオくん・ワカメちゃんは、波平天皇(男性天皇)の遺伝子を引き継ぎますので、この3人が皇位継承した場合は、いずれも男系天皇となりカツオ君は「①男系の男性天皇」、サザエさんとワカメちゃんは女性なので「②男系の女性天皇」ということになります。

 

もし、サザエさんが女性天皇となり、その息子のタラちゃんが皇位継承したとすると、タラちゃんが「③女系の男子天皇」となります。この時点で磯野家の男系ではなくなり、マスオさんのフクダ家の男系に変わります。まさに、万世一系は途絶えて、王朝はフクダ家にシフトチェンジすることになるのです。

 

現在の皇室典範 第1条では「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。と定められているので、カツオ君しか天皇になることができません。現状では、サザエさん、わかめちゃん、タラちゃんは、天皇の子供や孫であっても皇位継承権がないのです。

 

今回の結論

大谷翔平君が天皇家のお嬢様と結婚しても、現行の皇室典範により彼が天皇になることはできません。でも、二人に男児が誕生すれば、悠仁さま以降の継承状況によっては「翔平ジュニア」が天皇になれる可能性は出てきます。

 

ん~、こんな妄想って、アノお二人のことがあったから考えてしまうんですね?
2月になればアノ一件でまた日本はザワつくことになるでしょう。じゃあ~、将来どうするの?については、またの機会に投稿したいと思います。

 

 

今年はどんなドラマが待っているのでしょうか?

過去の年賀状は以下のとおりです。お時間のある方はタイムスリップしてみてはいかがでしょうか?

2009年(平成21年)オバマ大統領       2010年(平成22年)無駄狩り    2011年(平成23年)民主党政権

2012年(平成24年)東日本大震災       2013年(平成25年)怪しい人    2014年(平成26年)半沢直樹

2015年(平成27年)号泣野々村県議      2016年(平成28年)五郎丸歩    2017年(平成29年)トランプ大統領

2018年(平成30年) 日馬富士暴力事件    2019年(令和元年)ゴーン氏逮捕  2020年(令和2年)日本ラクビ―

2021年(令和3年)米大統領選挙      2022年(令和4年)大谷翔平

コメント